大成建設ハウジングにおけるアスベスト問題の対応について

新聞ならびにテレビ等で報道されておりますアスベスト(石綿)につきまして、弊社住宅にお住まいの皆様方やお住まいをご検討されている方々にご安心いただくために、現時点において把握しております内容を次の通りお知らせいたします。

■ 現在の弊社住宅における使用状況について

現在販売しております弊社住宅には、アスベストを含んだ建材は使用しておりません。

■ 過去の弊社住宅における使用状況について

弊社住宅は、アスベスト含有建材が広く一般的に使用されていた時期には、他の住宅メーカーと同様に屋根材、外壁材、軒天材、内装下地材等に一部使用しておりましたが、これらのアスベスト含有建材は、「非飛散性のアスベスト製品」と呼ばれ、セメント等で固く固定されているため、日常生活においては空気中に飛散することはなく、健康被害を及ぼすものではないと言われております。
※ご参考「建築物内でアスベストを含有する建材からアスベスト繊維が浮離していなければ、建築物内の空気は一般環境大気と同じ程度の濃度と考えられる。」(厚生労働省ホームページ平成17年7月29日付「アスベスト(石綿)についてQ&A」(昭和63年2月1日付環境庁・厚生省通知)より抜粋)

■ リフォーム工事・解体工事における対応について

アスベストが使用されている建物をリフォームまたは解体する場合には、通常の生活では飛散しない製品についても特別な配慮を必要とする場合があります。その際には、弊社にご相談ください。

■ お問い合わせ先

この件につきまして、お気づきの点又はご質問等がございましたら、下記ご相談窓口までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
フォームでのご相談・お問い合わせはこちら